初めての職場に対する不安とは

新しい職場で仕事を始めるときはアルバイトといえども、新生活になることには変わりありません。大なり小なり人間は不安を抱えるものであり、全く平気という人はいないものです。どうしても仕事の全貌がわかるまでは不安はつきまとうものですが、その不安にどのような種類のものがあるかを知ることで、不安を解消していくことはできます。

では、新生活に対して人はどのような不安を抱くものでしょうか。まず一番不安に思っているのは人間関係についてです。周囲の同僚と上手くやっていけるか、自分だけ孤立をしないか、先輩後輩付き合いができるかなど、友人が居ない環境での新生活に不安を持つ人は多くいます。しかし、それが他人も同じように思っているものです。同じタイミングで入る新人がいたらその人と悩みを共有することで解決しやすくなりますし、自分の心境を素直に伝えれば共感してくれる人は多くいます。

次に多いのは仕事を上手くこなせるかどうかです。お金をもらって働く以上、職場に貢献しなければいけないのは当然の事で、自分が職場の戦力になれるかを不安に思う人も当然多くいます。しかしそれは誰しもスタート時点では同じです。仕事は教えるのは上の責任ですし、アルバイトは言われたことをまず真摯に取り組んで覚えることだけを考えれば良いのです。

無責任な気持ちではいけませんが、アルバイトはあくまで社員でありません。報酬面でもそこは差別化されているわけですから、アルバイトの責任や仕事の範囲で、責任をきっちり果たすことを念頭に置けば深く悩む必要はないでしょう。